梅雨と自律神経

梅雨と自律神経
今回は天気と自律神経の関係について、書きたいと思います。
この時期になると、晴れたり雨が降ったりと、天気がめまぐるしく変わります。皆さんもこの時期の体調の変化を感じたことがあると思います。では、なぜ天気が変わりやすくなると、体調も変化するのでしょうか?
それは、気圧の変化が大きく関係しています。
気圧が高いと血管が細くなったり、内臓が縮んだりしてしまいます。そうすると血液の循環が悪くなり、体が冷えやすくなってしまいます。 血管が細くなると血圧は上がりますが、手や足の先に血液が行き渡らない状態となります。 気圧が低いと血管が拡がったり、内臓が膨らんだりします。血管、内臓、筋肉が膨らむと、むくみやすかったり、神経を圧迫して痛みが出やすかったりすることがあります。 これらは全て自律神経がコントロールしています。
また、気温の変化についても、暑かったり寒かったりすることによって、知らず知らずのうちにストレスを感じている状態となります。
暑い時には汗を掻いて体温を下げ、寒い時には体を震わせ体温を上げることを休みなく行っています。これらをコントロールしているのも、自律神経です。血管や内臓の収縮と体温調節の働きを、激しく行わなければならないのが、この時期になります。
気圧や気温が激しく変化することにより、自律神経の働きも激しく変化する。このことによって、体調が変化しやすくなってしまうのです。
自分の意志でコントロールしていないため、あまり気にすることがありませんが、気が付かないだけで、体は一生懸命動いています、自分で思っている以上に、体は疲れています。 体が疲れていたら、しっかりと休んでください。体が冷えていたら温めてあげてください。暑かったら涼むようにしてください。少しでも自分の意志で、自律神経を手助けしてあげれば、体の負担も少なく済みます。 めまい、頭痛、吐き気、疲れやすい、寝ても疲れが取れていないなど、不定愁訴と言われる症状や、自律神経失調症など、なりやすい時期になりますので、できるだけ体を休めてあげてくださいね。 自分自身では、コントロールすることが非常に難しいのが自律神経です。自律神経が乱れていても、なかなか自分では気が付くことが難しいものです。 体の不調が出てからでは、手遅れになってしまうこともありますから、体に不調が出る前に、できるだけ体をいたわるようにしてください。
気圧が変化すると、脳脊髄液と言う神経の周りを循環している大切な循環液にも影響が出ます。
一般的には、あまり知られていませんが、人間の生命活動にとって、非常に大事な働きをしています。 天気と自律神経の関係のことを、少しだけでも考えていただければ、気を付けることができると思います。 ちょっとした体への気配りが、体に不調が起きることを防ぐ、大きな働きになりますので、みなさんもぜひ、気を配ってみてください。 活動的な夏の時期に向けて、体を万全に保ちましょう。 また、夏バテしないための体力をしっかりと温存しておきましょう。

お問い合わせ・ご予約は、お気軽にご相談ください。

042-645-8200 [営業時間]9:30~20:00 [定休日]月曜日・火曜日

執筆・メディア掲載・セミナーのご依頼は、
お問い合わせメールにてご連絡ください。
またセールス・勧誘のお電話・メールはお断りしております。

お問い合わせ

Copyright © 元気になる整体院. All Rights Reserved.