離脱症状

離脱症状
みなさんは、離脱症状をご存知ですか?
  薬を飲んでいる方がやめるときに起こる副作用の一つです。 全ての薬に起きるというわけではありません。一部の薬の副作用として離脱症状というものが存在します。 抗うつ薬の種類として、三環系・SSRI・SNRIなどがあり、その他にも睡眠薬などがあります。 その中で、離脱症状として代表的なものは、SSRIという抗うつ薬です。  
SSRIの種類
フルボキサミン(ルボックス・デプロメール)、パロキセチン(パキシル)、セルトラリン(ジェイゾロフト)、エスシタロプラム(レクサプロ)など セルシンやデパス・ドグマチールなどは、めまい・眠気・振戦(震え)・ふらつき・怠感などの副作用がありますが、これらは薬を飲んだ時に起こる副作用であり、離脱症状ではありません。 離脱症状は、薬をやめるときに起こりますから、やめるときには一気にやめるのではなく、慎重にやめていくことが必要となります。 医師に相談しながら、少しずつ量を減らしていくなどの対応をすることが大切です。  
自分自身の判断で完全にやめてしまうことは、離脱症状の副作用がある薬においては危険性があるため、やめましょう。
  離脱症状の症状としては、振戦(震え)・発汗・頻脈・吐き気・嘔吐・不安感・動悸・耳鳴り・抑うつ・不眠・イライラ・などがあります。 うつ症状がぶり返したと思うかもしれませんが、離脱症状の場合もあるため、気を付けなければなりません。 あらかじめ、このような副作用があることを頭に入れておけば、薬との付き合い方も変わると思います。 ただ不安に思うだけでなく、きちんとした知識を身に着けることも、うつ病を克服する手段となりますから、上手に薬と付き合っていきましょう。

お問い合わせ・ご予約は、お気軽にご相談ください。

042-645-8200 [営業時間]9:30~20:00 [定休日]月曜日・火曜日

執筆・メディア掲載・セミナーのご依頼は、
お問い合わせメールにてご連絡ください。
またセールス・勧誘のお電話・メールはお断りしております。

お問い合わせ

Copyright © 元気になる整体院. All Rights Reserved.