不眠症

不眠症
不眠症の原因=自律神経の乱れが一番の原因
  自律神経は、交感神経と副交感神経から成り立ち、副交感神経が働くことにより眠ることができるのです。 交感神経(緊張する神経)と副交感神経(休む神経)は、シーソーのような関係で、副交感神経の働きが弱くなると眠れなくなります。  
サーカディアンリズムが乱れていても、不眠症になります。
サーカディアンリズムとは、入眠と起床などのリズムのことです。 体内時計と言えば、わかりやすいと思います。 サーカディアンリズムは、良く言われている24時間ではなく、実は、24時間11分です。 人間の体は、毎日この11分の誤差を修正しています。 朝日を浴びることにより、リセットされるとも言われています。 しかし、現代のような不規則な生活を続けていると、疲労が蓄積し、この11分の修正が難しくなります。 たかが11分と思うかもしれませんが、5日で55分、1カ月もすれば330分です。とても大きいズレになりますよね。  
疲労の蓄積をとり、疲労回復すれば、11分の修正もしやすくなります。
疲労回復のためには、副交感神経の働きを強くする必要があります。 不眠症の方には、副交感神経の働きを強める施術を行い、疲労を回復させ、サーカディアンリズムの修正をしやすくすることが一番です。

お問い合わせ・ご予約は、お気軽にご相談ください。

042-645-8200 [営業時間]9:30~20:00 [定休日]月曜日・火曜日

執筆・メディア掲載・セミナーのご依頼は、
お問い合わせメールにてご連絡ください。
またセールス・勧誘のお電話・メールはお断りしております。

お問い合わせ

Copyright © 元気になる整体院. All Rights Reserved.