八王子の地域信頼度NO1の整体でうつ、自律神経系のつらい症状を改善します。

元気になる整体院


腰部椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症

椎間板ヘルニア
椎間板ヘルニアが多く発生するところとして、腰椎5番、4番が挙げられます。

症状としては、腰の痛みや、下肢の疼痛、しびれが多い。その他には、こむら返りやむくみ、足の筋肉に力が入らなくなることがあります。

原因としては、椎骨と椎骨の間にある椎間板と呼ばれるゼラチン状のクッションのようなものがあるが、このゼラチン状の物体が突き出ることにより起こります。
このゼラチン状の物体が突き出ると、神経を圧迫し、痛みが発生します。

若い方は、より強い痛みがあり、お年を召された方は、痛みの度合いとしては、若い方より少ないのが特徴でもあります。

当院の整体では、椎骨の歪みを正すことにより、ゼラチン状の物体が突き出ないようにする施術を行います。椎間板が突き出なければ、神経を圧迫することがなくなりますので、痛みが緩和していきます。


脊柱管狭窄症
症状としては、歩いていると痛くなり、休むと痛みが緩和する間欠性跛行が特徴として見られます。
腰の痛みとしては、それほど強くなく、静かに動かないでいるときは、痛みの症状は、ほとんどありません。
背筋を伸ばして歩いたりすると、下肢に痛みやしびれを感じます。
前かがみの姿勢になると、しびれや痛みは緩和されます。

原因としては、加齢により変形した椎間板や椎骨の歪みにより、神経が通る管である脊柱管が狭くなり、神経が圧迫されて起こります。

椎間板ヘルニアと比較すると、お年を召された方に多く発生することが特徴です。
また、腰を後ろに反らすと脊柱管が狭くなり、痛みが起き、前にかがむと広くなり、痛みが緩和し、間欠性跛行が起きます。
そのため、自転車に乗ることは、楽に行えるのです。

当院の整体では、椎骨の歪みを正すことにより、椎骨や椎間板が脊柱管を圧迫しないようにする施術を行います。それにより、痛みが緩和していきます。

病院に行って、MRIなどで診断された、手術をした方が良いと言われた、でも、体にメスを入れるのは怖いと思う方は、一度当院にご連絡ください。




元気になる整体院のご案内

住      所:
〒192-0904
東京都八王子市子安町1-45-1
アクセス:
八王子駅南口より徒歩8分
京王八王子駅中央口より徒歩7分
専用の無料駐車場2台有
お問い合わせ・ご予約
042-645-8200
営業時間:
9:40~20:00
定休日:
月曜日・火曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ