八王子の地域信頼度NO1の整体でうつ、自律神経系のつらい症状を改善します。

元気になる整体院


各症状について

肩こりや腰痛とカフェイン

最近また、ニュースでカフェインの摂り過ぎによる死亡事故が取り上げられていますね。当院は、今までカフェインは自律神経に影響を与えるので、摂らないようにお伝えしてきましたが、世の中の流れもやっとカフェイン...

続きを見る

パニック障害

パニック障害をご存知でしょうか?ある特定の状況になると、動悸や息苦しさ、冷や汗、胸のゾワゾワ感などが出る症状のことです。ある特定の状況とは、閉塞された空間、例えば、電車や飛行機、新幹線、自動車などの乗...

続きを見る

梅雨の時期の体調

梅雨に入り、天気が変わりやすくなっていますね。雨が降って気温が下がっている日は、冷えを感じることがあると思います。暑さそのものに体が対応できないため、火照りを感じる方も多いことでしょう。また、雨が降れ...

続きを見る

水足りてますか?

寒いからという理由で、あまり水を飲んでいないのではないですか?夏の暑い時期には、汗をたくさんかくため、水分補給をなるべく意識して、水を飲んでいると思いますが、冬は汗をかかないから、トイレが近くなると言...

続きを見る

胃もたれ

最近、胃がもたれると感じている方も、いるのではないですか?寒くなってくると、お腹の冷えなども感じて、胃がキューっとなったりしますよね。胃もたれも自律神経と関係があるのです。交感神経が活発に働いていると...

続きを見る

牛肉でストレス緩和

牛肉を食べることによって、ストレスを緩和することができるって知っていましたか?牛肉には、ストレスを緩和してくれる栄養素を含んでいます。一つは、トリプトファンです。トリプトファンとは、副交感神経を活性化...

続きを見る

α‐リノレン酸とっていますか?

α‐リノレン酸とは、代表的なところだと、えごま油などに含まれる脂のことです。少し詳しく言うと、脂肪酸のことです。α‐リノレン酸は、体内に入ると、EPAやDHAという&omega...

続きを見る

冬季うつ

みなさん、冬季うつって知っていますか?冬になると、日照時間が短くなることによって、セロトニンが不足します。セロトニンが発生すると、気分が良くなり、体の働きが良くなります。セロトニンが不足すると、気分が...

続きを見る

ポジティブ?ネガティブ?

ポジティブな考え方。ネガティブな考え方。よく言われる言葉ですよね。でも、ネガティブな考え方をしている人は、ポジティブな考え方にしようと思っても、なかなかできませんよね。いろいろな書籍でも、ポジティブシ...

続きを見る

聴くことで整える

最近、自律神経を整える音楽が紹介されていますね。音楽を聴くことにより、脳が刺激され、副交感神経が働けば、自律神経を整えることができるのは確かです。この音楽も、それぞれ個人差があり、一概にこの曲が良いと...

続きを見る

ぎっくり腰

ぎっくり腰は、突然なるものだと思っていませんか?確かに、突然痛みに襲われるのですが、じつは、それ以前から腰に負担がかかっている状況があり、筋肉が耐え切れなくなって炎症が起き、痛み出すのです。くしゃみを...

続きを見る

体温と睡眠

前回は、室温と睡眠について書きましたが、今回は、体温と睡眠について書きたいと思います。人間は、入眠しやすいタイミングがあります。それは、体温が下がっていく時です。また、起きやすいタイミングもあります。...

続きを見る

室温が下がっていませんか?

冬の時期に眠りにつきづらい。途中で目が覚める。こんなことを感じている方はいませんか?みなさん冬の時期に、何だか寝つきが悪くて・・・と、良くおっしゃっています。話を聞いていくと、室温が非常に下がった状態...

続きを見る

体の冷え

手足の冷えにお困りではありませんか?手足が冷えている方は、みなさん体が冷えやすいからと思っていることが多いと思います。「すぐにお腹が冷えてしまうし、体が冷えやすいんです。」という言葉を良く耳にします。...

続きを見る

しつこい肩こり

その肩こりは、自律神経が原因ではないですか?しつこい肩こりに悩まされている方は多いですよね。いろいろな整体やマッサージに行っても、良くならない肩こりは、自律神経が原因のことが多いです。自律神経が乱れる...

続きを見る

カフェインについて

カフェインは、交感神経を活発にします。一時的には、体がスッキリし、活発に動けるような気になりますが、ただ自分の中にあるエネルギーを無理矢理つかってしまうのです。エネルギーが枯渇してしまえば、体のだるさ...

続きを見る

食生活に注意

年末年始で、たくさん食べたり飲んだりされて、内臓が疲れている方が多いです。内臓が疲れてしまうと、体のいたるところに悪影響が出てしまいます。自律神経が乱れる、筋肉の働きが弱くなる、疲れやすくなるなどがあ...

続きを見る

自律神経と寒さ

自律神経と寒さが関係しているのは、ご存知でしょうか?寒さを感じると、体がこわばる感じがしますよね?体は、筋肉を緊張させ、熱を生み出そうとします。緊張する=交感神経が活発に働く交感神経が活発に働き過ぎれ...

続きを見る

更年期障害

更年期障害の理由としては、女性の場合、閉経のある50歳前後に、女性ホルモンのエストロゲンが少なくなることが原因である。男性の場合、男性ホルモンのテストステロンが少なくなることが原因である。女性の症状と...

続きを見る

ほてり・のぼせ(ホットフラッシュ)

ほてりの原因となるもの。・自律神経失調症・更年期障害・風邪・日焼け・熱中症・高血圧・バセドウ病これらの原因により、ほてりやのぼせを感じることがあります。さらに掘り下げて考えると、風邪、日焼け、熱中症、...

続きを見る

離脱症状

みなさんは、離脱症状をご存知ですか?薬を飲んでいる方がやめるときに起こる副作用の一つです。全ての薬に起きるというわけではありません。一部の薬の副作用として離脱症状というものが存在します。抗うつ薬の種類...

続きを見る

動悸・息切れ・息苦しさ

動悸とは、心臓の鼓動が早く感じたり、大きく感じたりする自覚症状のことです。脈拍とは関係ないとも言われ、鼓動が早くなっていることを他者が知るには、心音を聞く必要があります。動悸が起こる原因は、心臓・肺・...

続きを見る

使い捨てカイロの貼り方

いよいよ冬本番となってまいりましたね。朝晩の冷え込みも強くなってきました。そこで今回は、体の温め方として、使い捨てカイロの効果的な貼り方について、ご紹介したいと思います。お腹が冷える、手足が冷える、腰...

続きを見る

腰部椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症

椎間板ヘルニア椎間板ヘルニアが多く発生するところとして、腰椎5番、4番が挙げられます。症状としては、腰の痛みや、下肢の疼痛、しびれが多い。その他には、こむら返りやむくみ、足の筋肉に力が入らなくなること...

続きを見る

耳鳴りと突発性難聴

耳鳴りの原因としての代表的なものは、中耳炎・外耳炎・内耳炎・鼓膜炎などがあります。病院に行って検査しても原因がわからない耳鳴りは、頭蓋骨や顎のゆがみ、または、筋肉の緊張が原因のことが多いです。病院に行...

続きを見る

眼精疲労(疲れ目)

10月10日は、「目の愛護デー」ということをご存知でしょうか?現代社会と目の疲れは、切っても切り離せない関係になってきていますね。皆さんも、パソコンやスマートフォンなどを、長時間使用していることと思い...

続きを見る

脳脊髄液について

脳脊髄液とは、脳室とクモ膜下腔を満たす無色透明の液体であり、脳の神経を衝撃から保護したり、頭蓋内圧の調整を行っている。省略して、髄液とも呼ばれ、別名は、脳漿とも呼ばれる。脳脊髄液は、脳や神経に対し、栄...

続きを見る

夏の終わりの体調と睡眠

暑い夏がようやく終わってきましたね。そろそろ夏の疲れが出てくる頃ではないでしょうか?日本の夏は、気温が高いうえに、湿度も高く、非常に体力を消耗します。体力を消耗して、エネルギーが不足してくると、体が思...

続きを見る

光がまぶしい

光をまぶしく感じることはありませんか?自律神経が乱れることを原因として、「光がまぶしい」と感じることがあります。これは、ストレスに対抗するために、副腎から出るホルモンの影響によるものです。通常、光を見...

続きを見る

腎臓の働きについて

最近、施術をしていて、腎臓の働きが弱っている方が多く見受けられます。腎臓は、体の濾過機能なので、とても重要な臓器です。まず、水分をしっかりとりましょう。そして、塩分を取りすぎていることによっても、働き...

続きを見る

胃の炎症

だいぶ気温も上がり、体調を崩している、疲れを感じているなどの自覚症状のある方も、いらっしゃると思います。この夏の時期には、食べるものや、食べ方を考えないと、胃の炎症など、胃の調子が悪くなりがちです。そ...

続きを見る

感情が不安定になる

不安を感じる。気分が落ち込みやすい。イライラする。怒りが込み上げてくる。自律神経が乱れると、感情が不安定になることがあります。うつ病にも同じことが起きます。仕事や家事などが忙しく、疲れている時などは、...

続きを見る

炭水化物の不足による体調不良

最近、糖質制限ダイエットが流行し、カロリー制限を行うよりも、痩せやすいなどと言われておりますが、反面リスクがあることを知っておいたほうが良いでしょう。まず、糖質制限とは、糖を多く含む食品をできるだけ摂...

続きを見る

夏の時期の冷え性

だんだんと気温が高くなってきていますが、体が冷えてお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか?そこで今回は、冷え性について書きます。 冷えの原因は大きく分けて二つあります。一つ目は、物理的...

続きを見る

発汗

初夏になり、気温も高くなってきていますね。きちんと汗をかくことができているでしょうか?暑い時期に汗をかくことができないことは、体温調節の機能に問題があると考えてください。自律神経に乱れがあると、気温が...

続きを見る

梅雨と自律神経

梅雨の時期となりましたね。そこで、今回は天気と自律神経の関係について、書きたいと思います。この時期になると、晴れたり雨が降ったりと、天気がめまぐるしく変わります。皆さんもこの時期の体調の変化を感じたこ...

続きを見る

寝汗

寝汗をたくさんかく経験をされた方も多いのではないでしょうか?暑いわけでもないのに、夜中に汗をびっしょりとかいて、布団や下着まで、びっしょりと濡れてしまう。朝目覚めると、全身がびっしょりと濡れていたなど...

続きを見る

自律神経とめまいの関係 その対応策

自律神経が乱れると、血管が収縮し、血流が悪くなります。三半規管への血流が悪くなることにより、平衡感覚に狂いが生じ、めまいが起こります。免疫力が低下し、ウィルスに感染しやすくなり、内耳がウィルス感染した...

続きを見る

めまいの原因2

脳の異常によるもの脳の血流不全(回転性・浮動性・眼前暗黒感)脳に血液が運ばれなくなることにより起こる。脳梗塞と脳出血(回転性)小脳や脳幹において、血管が詰まったり破れたりすることにより起こる。意識をな...

続きを見る

めまいの原因1

耳の異常によるもの良性発作性頭位めまい症(BPPV)(回転性)耳石によるもの頭の位置を変えることにより、回転性のめまいが起こります。めまいが起きている時間は、数秒~数十秒程度です。前庭にある耳石(カル...

続きを見る

めまいの種類3.立ちくらみ(起立性低血圧・眼前暗黒感)

3.立ちくらみ(起立性低血圧・眼前暗黒感)座っている状態から、いきなり立つと脳に血液が送られなくなり、目の前が真っ暗になる症状です。症状が重い場合は、失神してしまうこともあります。体が疲労していたりし...

続きを見る

めまいの種類2.浮動性めまい(フワフワとした感じ)

2.浮動性めまい(フワフワとした感じ)脳幹や小脳に異常がある場合。また、中枢神経や高血圧によって生じる場合もある。脳幹は、脳の一番下に位置し、平衡感覚を司っています。脳幹の機能が低下し働きが弱まってい...

続きを見る

めまいの種類1.回転性めまい(グルグル回る感じ)

これからしばらくは、めまいについて書きたいと思います。まず、めまいの種類についてです。めまいには、以下の3種類があります。1.回転性めまい(グルグル回る感じ)2.浮動性めまい(フワフワとした感じ)3....

続きを見る

のどの違和感(つまりなど)

自律神経失調症の中でも、多い症状の一つです。飲み込むという行為は、半分は自律神経が担っています。ヒステリー球という、のどに違和感を感じる症状も自律神経失調症の症状となります。ヒステリー球とは、別名で咽...

続きを見る

骨盤の歪み

骨盤の歪みは、身体の他の部位にも影響を与えます。骨盤が歪むことにより、足の長さが左右で違ってしまったり、肩の高さが左右で違ってしまったりします。骨盤が歪んだことにより、他の部位でバランスをとろうとしま...

続きを見る

不眠症

不眠症の原因=自律神経の乱れが一番の原因自律神経は、交感神経と副交感神経から成り立ち、副交感神経が働くことにより眠ることができるのです。交感神経(緊張する神経)と副交感神経(休む神経)は、シーソーのよ...

続きを見る

頭痛

自律神経の乱れからなる頭痛については、片頭痛や緊張性頭痛と呼ばれるものがあります。頭の片側が痛くなる。緊張が解けて、気が緩んだ時に痛くなる。季節の変わり目に痛くなる。頭が脈を打つように、ドクドクと痛く...

続きを見る

元気になる整体院のご案内

住      所:
〒192-0904
東京都八王子市子安町1-45-1
アクセス:
八王子駅南口より徒歩8分
京王八王子駅中央口より徒歩7分
専用の無料駐車場2台有
お問い合わせ・ご予約
042-645-8200
営業時間:
9:40~20:00
定休日:
月曜日・火曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ